ページトップ

  • 9:00〜18:00
  • 水・祝日休み

素材と製品

ひとことで言うと強化樹脂の建材です。但し、1950年代から50年以上も改良を続けている樹脂ですのでその品質の高さは他の樹脂建材とは一線を画します。強化樹脂で作られていることを別名PVC製とも言いますが、原料としてはポリビニールクロライドホモポリメールとチタニウムディオキサイドと漂白剤を混ぜて作られます。要するに硬質なプラスチックと言った方がイメージしやすいかもしれません。バイナルとは「vinyl」とつづり、日本読みでビニールのことです。一口にバイナルと言ってもメーカーによって品質の違いがありますので、ここで説明するものは当社の扱っている世界最高基準VMAの認定を受けたバイナルのことになります。

  • パーツ一覧
  • VMA

バイナルは建材です。まるで木材のように切ったり繋げたりという加工が出来ます。木材とは大きく異なるのが中空になっている点です。素材に十分な強度があるため、軽さや加工のしやすさを生むために中空になっています。「木で作れるものはバイナルでも作れる」ということでフェンスやデッキ、パーゴラ、はてはベンチや門柱に至るまであらゆるエクステリア製品に加工されています。木材に比べれば手に触れた時の温かみという意味では劣りますが、強度や耐久性は比較にならないほどバイナルに部がありますので「家の中というよりはむしろ家の外=エクステリア」で使われているのはそのためです。

合成ゲーム

「フェンス合成ゲーム」
※写真はご自宅の写真に変えられます。

バイナルはそもそも木製のエクステリア製品をさらに長持ちさせる目的で1950年代からアメリカで開発されました。そのため、デザインは木製のそれを残しています。よく海外の映画やホームドラマでみかける「白いフェンス」は実はバイナル製であることが多々あります。木製のようなデザインは日本でよく見かけるアルミなどのフェンスに比べると線が太く、手作りのような温かみがあるのが特徴です。良い意味でも悪い意味でも外観の印象は大きく変わりますのでご不安な方は是非「フェンス合成ゲーム」で確かめてみて下さい。