ページトップ

  • 9:00〜18:00
  • 水・祝日休み

ピックアップ事例

高知県高知市市・Y様邸

Before
Before写真

BeforeAfter矢印BeforeAfter矢印

After
After写真
Y様「ブロック塀をバイナルフェンスに替えました」

築50年を経過し、ブロック塀の傾きや亀裂が目立ってきました。現在はこの幅員約3mの道路を小学生やご老人が中心となって利用しています。もし通行中に震災が起き事故になってはと考え、塀のやり替えを決めました。

市から補助が出ると聞き訪れてみましたが、補助を受けるには道路幅員の問題で敷地をバックする必要があるとのこと。早速調べてみると5cm程引っかかってしまい、全体を壊して道路レベルにするとなると補助を受けられたとしても出費の方が遥かに大きくなってしまいます。

結果、コンクリートの基礎と立ち上がり、門柱を残しその上のブロック6段を壊しました。壊しと補修で2日、バイナルフェンスは1日で完成。コンクリート天端はそのうち左官で仕上げるつもりですが、暫くはそのままです。

ご近所の評判は大変良く、特にこの道路から直角に伸びる小径に接してお住いの方達からは突き当たりの景色が明るくて綺麗になったと褒めていただけます。その他夜玄関のライトを点けると、オレンジ色の光がルーバーの隙間から漏れ、道路を歩いていて暖かさが感じられるようになりました。通気も取れて目隠しにもなるこのフェンスを大変気に入っています。


Gallery
  • ピックアップ事例
  • ピックアップ事例
シーリンク
マルチなルーバーフェンス

アメリカでは横桟タイプのフェンスはあまり人気がありません。理由は足掛かりとなり、防犯上の問題が残るからです。おそらく保険の査定にも影響するのではないかと思っています。しかし、このタイプは横桟であっても足掛かりになるとは思えずアメリカでも良く使われています。また通気が取れることは植物の育成にとって嬉しいことでもあります。

前の事例へ▶︎